企業内転勤ビザ

対象 : 日本支店・事業所への転勤、系列企業内(親会社、子会社、関連会社)の出向等
企業内転勤とは、一般的に外国企業の海外にある本店から日本の支店、事業所等に転勤する場合に取得が必要な在留資格です。海外にある日本企業の子会社や関連会社の外国人社員が日本の本店へ転勤する場合もこの在留資格が必要です。系列企業内(親会社、子会社、関連会社)の出向等も含まれます。

基準、運用規則

申請ポイントがいくつかあります。
転勤元で1年以上継続して勤務した履歴があり、なおかつ、在留資格「技術」または「人文知識国際業務」の活動に該当する社員に限られています。したがって企業内の人事異動とはいえ、単純労働に従事する社員には該当しません。また大卒が要件の一つとはされていないのも特徴です。