特定活動

その他といえるような、一つの在留資格の中に様々な活動が含まれています。

基準、運用規則

  1. 特定研究等活動
  2. 特定情報処理活動
  3. 特定研究などの家族滞在活動、または特定情報処理の家族滞在活動
  4. 法務大臣が個々の外国人について特に指定する活動
    1. 外交官等の家事使用人
    2. 「投資・経営」等の家事使用人
    3. 亜東関係協会職員とその家族
    4. 駐日パレスチナ総代表部職員とその家族
    5. ワーキング・ホリデー
    6. アマチュアスポーツ選手
    7. 外国弁護士の国際仲裁代理
    8. インターンシップ
    9. 英国人ボランティア
    10. サマージョブ
    11. 国際文化交流

これらの他にも告示外指定活動があり、「海外にいる親の招聘」は実際依頼が多いです。ただし必要書類は個別に想定されており難しい申請の一つです。