再入国許可申請

日本に在留している外国人が、業務上の理由や一時帰国等で日本から出国する場合には、事前に本人が入国管理局に出頭して「再入国許可申請」の手続をすることにより、容易に再び入国することができます。再入国許可には,1回限り有効のものと有効期間内であれば何回も使用できる数次有効のものの2種類があります。
この再入国許可を得ていれば、再び入国するに際して、改めて入国のためのビザを受ける必要もなく、日本に再入国後も以前と同じ在留資格で在留することが可能となります。

逆に、再入国許可を取得しないで出国した場合には、それまで持っていたビザ(在留資格)は消滅してしまいます。再度日本に入国するためにはビザ(在留資格)を一から取得しなおさなければなりませんので注意が必要です。
なお再入国許可の有効期間は3年を超えない範囲内で定められていますが、在留期限を越えて許可されることはありません。また、永住者となった場合も、この再入国許可申請だけは3年ごとに必要となります。
再入国許可は外国人本人の有する在留期限を越えて許可することはありませんので、自分の残りの在留期間を計算し、さらに事務手続きに要する時間等を勘案し、早めに申請することをお勧めします。
なお、2012年7月15日までの政令で指定される改正入管法の施行日からは「みなし再入国許可制度」が導入されます。導入後は1年以内(特別永住者の場合は2年以内)の再入国であれば、申請が原則不要となる予定です。今後は再入国許可申請の負担は軽減されていくでしょう。