在留資格変更許可申請

在留中の外国人が、現在行っている在留活動を打ち切り、または、在留の目的を達成した後に、別の在留資格に属する活動を行おうとする場合に必要な手続きです。
例えば、留学生が日本の大学を卒業後、日本企業に就職する場合や「人文知識・国際業務」で就労している外国人が自分で会社を経営する場合、あるいは日本人の配偶者として在留していた外国人女性が夫と死別し「定住者」として在留しようとする場合などがこれ該当します。在留活動の多様化に伴い、多くの人たちがこの制度を利用しています。
なお、在留資格の変更は在留資格の更新と異なり、いつでも変更を希望する時点で申請することができます。しかし、要件を満たしていない場合などは不許可になることもありますでの十分な注意が必要です。